ハログレアが気になるレーシックの後遺症

ハログレアって何・・・と不安に思っている方へ。

レーシック手術の術後には、人によって違いはあるのですが、必ずといっていいほど、
何らかの後遺症が出てきます。

しかし、ずっとそのままということではなく、少しずつ改善していくものが多いのです。

一番みなさんが気になるのが、ハロ・グレアではないでしょうか。

ハロ・グレア現象・・・レーシック手術の失敗と思う人もいるでしょうが、ほとんどの人が体感する現象だと思います。

レーシック手術後のハロ・グレア現象とは、レーシックの手術後に光を見た場合に今までよりもまぶしく感じたり、にじんだように見えたりする現象のことです。

夜間、車の運転などをしていると、特に感じると思います。
このハロ・グレア現象は、レーシック手術を受けた人の50%程の人に手術後に現れることがあるようですが・・・。
レーシックの手術を行った後、6ヵ月から1年ぐらいで改善される人が多いようです。

初めは戸惑うかもしれませんが、次第に回復していく場合がほとんどです。
まれに、症状がひどいと思われる場合は、必ずレーシックをしたクリニックで検査し、症状を説明されることをお奨めします。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
レーシック 術後
ハログレアとは
アンチエージング レーシック
ハログレア

コンタクトレンズをしていた時にも、お月様をはっきりと見ることが出来なかったので、
ハログレアも最初は光のにじみが気になりましたが、だんだんと慣れてきたように思いました。

神戸神奈川アイクリニックの無料検査予約についてはこちらから。

品川近視クリニックの体験談はこちら からご覧いただけます。