レーシック手術・安心受診・決断の方法!

レーシック手術を決断したいんだけど・・、でも安心して受けたいという人。
やはり、自分の大事な目ということですから、もし、万が一と思うと躊躇しますよね。

レーシックで失明した例はないそうです。
症例の多い眼科クリニックなら、安心して受けられると思います。

適応検査で、出来ない!と言われてしまう場合もあるので、早めに検査だけでも受けてみてください。

神戸神奈川アイクリニックでは、コンタクトを一定期間外さなくても受けられる、簡易検査があります。
あくまでも簡易なので、やはりちゃんと適応検査は受けておきましょう。

例の感染症の問題がニュースで取り上げられましたから、さらに各レーシックの眼科、クリニックは最新の注意を払っていることと思います。

ある男性もかなりの臆病者で、「眼にレーザーだって、冗談じゃないよ!」と、思っていましたが、妻が受けることになり、1人だけ視力が良くなるのも不公平だと思い決断し、実際レーシック手術を受け、「本当にあっと言う間に終わってびっくりした」といっていました。

しかも、すぐにクリアに見えたから、驚きが先だったようです。

管理人も、術後すぐに足元のスリッパがはっきりと見えました。感激でした!
術前は、手探りで歩かないとダメかもというくらい、乱視で近視で見えていませんでしたから・・・。

あっという間に別世界が広がると思えば、恐怖に打ち勝てませんか?
それでも心配なら、まず片目だけ受けてみるのも一案かもしれませんけれど。

「手術当日は、直前で逃げ出したいほど緊張と恐怖心がありました。
やめるなら今だとまで思いました。つくづく、女性(先に受けたのは奥さんです)は、強いなぁ〜と思いましたね。」・・・という男性は多いかもですね。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
レーシック手術当日、術中
レーザー角膜屈折矯正手術 日本生命
何歳からレーシック適応年齢
飛蚊症 レーシック

「無料検査予約」
無料検査予約

最先端のレーザー正確な検査、技術があれば、失敗はないといってもいいくらいです。しばらくは後遺症として、ドライアイやハログレアなどが起こったり、視力が安定しないといったことがおきやすいですが、時間と共に解決することが多いです。