老眼鏡、シニアグラス・・・近くが見えない!

レーシックをしたけれど、年齢と共に近くが見にくい・・・
老眼かな?と気になっている方も多いかもしれませんね。

老眼は40代くらいから始まる、目の老化です。
リーディンググラスと老眼鏡のことを、かっこよく言ってたのは、
郷ひろみだったような。

レーシックをして近視治療をしたいけれど、反対に老眼が心配という
40代、50代の人もいるでしょう。

老眼鏡を使わなくても、近くも遠くも見えるようになりたい…。
レーシックで遠くはハッキリ見えるので満足なんだけれど、
近くもハッキリ見たいという要望が出てきているようです。

各レーシックの治療院も、そんな要望が増えている現状から、
老眼レーシックを発表していますね。

神戸神奈川アイクリニックでは、老眼治療ニアビジョンシーケー(NearVision CK)、
モノビジョンレーシックを行っています。また、白内障の症状がある方も、
マルチフォーカルIOL(遠近両用眼内レンズ)を使用すれば、
手術後に老眼鏡を使用する頻度を減らし生活の質をより向上させることが
可能であると発言しています。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
モノビジョン
遠近両用眼内レンズ
レーシックと年齢

仕事でも趣味でもやはり老眼鏡から開放されたアクティブな毎日は、
何物にもかえられません。遠くも近くも見えるのがいいですね。

・視力回復!各種キャンペーンを実施中!<品川近視クリニック>

・無料検査予約

・医師も認めた安心の視力回復!SBC新宿近視クリニック

視力回復レーシックコム