レーシック手術で失敗しないために!

近頃、芸能人やスポーツ選手によるレーシック体験が話題となっていますね。

管理人も、最新のレーシック手術を受けました

近視矯正の一つの方法としてクローズアップされているレーシック屈折矯正手術

確かに日本は近視大国といわれ、近眼人口は多く、
メガネ・コンタクトレンズに頼っている人は多数です。

また、近眼ではあるけれど、メガネのわずらわしさや
コンタクトの不適合などで悩んでいる人も多いのが現状です。

しかも、コンタクトレンズは目にとって負担が大きく、
失明という大変な事態に至ることも実際起こっています。


今やアメリカ国防省でもレーシック手術の一つである
イントラレーシックが認められ、世界中でレーシック手術が
当たり前
のように行われるようになってきました。

日本でもレーシック手術の認知が広がり、視力回復のためにレーシックを
受ける人は増え続けています


しかし、適応検査を受けなければ手術可能な目であるかどうか分からず、
不適合者も5人に1人くらいるという事実があります。

レーシック術後のケアや問題点などもきちんと把握しなくおかなくてはなりません。

大切なご自身の目のことですからね♪

☆こちらはよく読んでいただいているページです。
レーシック 神戸クリニック
レーシック失敗 失明が心配 勇気が出ない
サバンナ お笑い
レーシックと年齢

近視・乱視・遠視・老眼・白内障など目に関する悩みを解消するためにも、
正しい情報が必要ですね。

実際にレーシックの手術を受けた管理人が、視力で悩みレーシックの失敗など
不安を抱えている方々のためにこのサイトを作りました。


是非、参考にしていただいて快適な裸眼視力をご自分のものにしていただきたい
と思っています。






happa001 at 23:59│clip!眼鏡 | レーシック失敗例