眼鏡の不便さ スポーツ選手、子育て育児

眼鏡を使ってらっやる方にも、なんとなく不便を感じている方もあるでしょうね。

先日お話した方は、7個眼鏡を持ってらっしゃるということでした。
へぇ〜っ?!とびっくりしました!

管理人の内科のかかりつけのお医者さまは、診察用で使う物、書類を書く時用の物、普段の生活用、そして、車を運転する時用の物と眼鏡を使い分けてますよ、とおっしゃってました。

でも、スポーツをしている方は、困りますね。

ゴルフ、野球、サッカー、テニス、水泳、スキー、ダイビング・・・などのスポーツを仕事としていらっしゃる方、趣味としてしていらっしゃる方と、いろいろでしょうが、眼鏡は邪魔になる、見えにくい、落としてしまう、など困ることも多いでしょうね。

でも、サッカー選手で眼鏡をかけている人は今思い当たりませんね・・・いたでしょうか?




それから、育児中のパパやママで眼鏡を使っている方も時には不便に思っているかもしれませんね。
夜中の授乳や夜中に赤ちゃんがぐずった時に、眼鏡を探さないといけんませんね。

小さなお子さんと遊んでいる最中も、ちょっと気になるかもしれません。
ワンパクさんだと、眼鏡を引っ張って取られてしまったり、
赤ちゃんの顔などに眼鏡が当たってしまうこともあるかもしれません。

交通事故や火災や地震など緊急事態が起きた時に、
眼鏡がどこにあるか分からなくなってしまう心配もあります。

兵庫県のある総合病院の医院長さんは、阪神大震災の時に、飛び起きて、早く病院へと気持ちは焦ったけれど、眼鏡を見つけ出せずに、車を運転することが出来ず、
その時の悔しさで、レーシックを受けたとおっしゃっていました。


あなたが、眼鏡を使用して不便だと感じることはどんなことでしょうか?

そうそう、ラーメンを食べたり、サウナに入ったり湯気で困ることもありますね^_^;

人によって、それぞれ眼鏡やコンタクトなどを不便だと感じることはまだまだあるでしょうね。



happa001 at 21:28│clip!眼鏡 | レーシックって何?