レーシック体験をしている眼科医やスタッフに説明してもらおう 

実際に、レーシック専門眼科のお医者様で、レーシック手術を受けている方は
どれくらいいるのでしょうか。

この件に関して、神戸クリニックでは、理事長始めとしてレーシックを受けた
眼科医やスタッフが多いですね。

管理人も、説明会の中で、神戸クリニックの吉田理事長さんとお話しする機会がありました。

先生は、二度、ご自分の目でレーシックを経験されています。

近眼の人に、こんなに良く見えるようになるんだということを広く知ってもらいたいという意欲がひしひしと感じられました。

関西弁の気さくな方です。
理事長直々の手術も受けられます。指名料はなしです(^^♪

その他のスタッフの方にも、レーシック体験者が多いので説明会では、不安に思っていることなど十分話を聞かれたらいいかと思います。
やはり説明をしてくれるスタッフが体験しているのは、本当に説得力と安心感がありますね。術後も大丈夫なんだと実際思えますし。

神戸クリニックの説明会では、手術をした体験者の報告もありました。

「絶対して良かったですよ、しないと損ですよ!」と話されていました。

今となっては、そのレーシック体験者のお話が本当によく理解できます。
女性の方でしたが、本当に裸眼で見えるって最高ですよと直接お話ししてもらったのを昨日のことのように思い出します。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
コンタクトレンズ 弊害
レーシック失敗 失明が心配 勇気が出ない
何歳からレーシック適応年齢

古いタイプの眼科医の方で、レーシックに批判的な方もいます。
まだまだ世間でも、親の世代でも、そんな目の手術をしてどうするんだ なんていう人も多いですね。

現在、すごくいいレーザーの機械が次々開発されているので、まだまだレーシックの
手術自体進歩していくと思います。