レーシックの適応検査 角膜の薄さは?

近視手術のレーシック手術が可能かどうかを判断するために、
目の適応検査というものがあります。
特に角膜の厚みがどうか大切ですね。角膜が薄いとレーシック適応外となります。

ほとんどのレーシック対応眼科では、適応検査を無料で実施しています。

適応検査を受ける前には、ハードコンタクトで2週間、ソフトコンタクトで1週間の期間レンズを装着できませんので、注意してくださいね。

また、この適応検査は時間がかかりますし、散瞳検査では瞳孔を開く目薬を差しますので、3時間ぐらいは光がまぶしく感じて見にくくなります。
ですので、車の運転などはできませんよ。自分で運転していくのは止めましょう。

適応検査の主な検査項目を挙げておきます。


<適応検査の内容>

角膜屈折度数検査 ・・・機器により、角膜の屈折力や近視、
            乱視の度数を計測

眼圧検査 ・・・眼に空気を当てて、眼圧を測定

角膜内皮細胞検査・・・ 角膜の内皮細胞を撮影し、数、
大きさ、形を測定

角膜厚超音波検査・・・ 角膜の厚みを計測

自覚的屈折力検査・・・ 裸眼視力や矯正視力を自覚的に検査し、
近視や乱視の度数を測定

瞳孔径・・・ 暗いところで、瞳孔が最大どれくらいの大きさか測定

角膜形状解析 ・・・角膜カーブの状態、乱視の有無、
角膜の表裏の形状、角膜厚の分布を検査

細隙灯顕微鏡検査・・・ 角膜、結膜、水晶体などに異常が
ないか検査

眼底検査 ・・・網膜、視神経、硝子体に異常がないか
直接レンズで検査

ドライアイの人には、涙液分泌検査も行われるところもあります。

各医院によって多少の違いはありますが、だいたい以上のような適正検査を受けるのに1時間はかかると思います。

待ち時間もありますので、時間には余裕をもってお出かけ下さいね。

角膜の厚みが薄いと判断されても、最近は違った方法で目の手術が出来ますので、
このサイトの中にも参考になるものがあるはずですよ。