レーシック手術当日、術中

いよいよ、レーシック手術が始まります。
本当に以前のように裸眼で見えるようになるのか?!
期待にワクワクしてきます。

ここから、手術室へとつながっています。(手術が終わってから撮った写真です)
PA0_0038
クリーンルームとなっている手術室へ看護師の方が名前を呼んで案内してくれます。

いよいよ、術中の体験報告です。

導かれて、ドアを入ると、でっかいレーザー照射の機械とソファのような感じのベッドが目に入ります。(と言っても、裸眼なのではっきり見える訳でもなく、ぼんやりですが・・)

名前を確認されて、ベッドに横になると、レーザー照射の機械が目の前に迫ってきます。

まず、まぶたを大きく開く機器を装着します。別に痛くはありません。
目の前の機械の真ん中にある光を見るように言われますので、集中します。

右目、左目と進みます。

いよいよレーシック手術が始まるのです。

レーザー担当の方が、照射秒数を読み上げますので、後何秒なんだなと言うことが分かります。みるみる目の前が白くなっていきます。

フラップを作っているんだな〜と納得しながら、レーザー照射が終わるのを待ちます。人によって差はありますが、20数秒の事だと思います。

次に移りますと言われて起き上がっても、足元は白っぽくなって良く見えないのですが、大丈夫ですか?と看護師さんに案内され、次の部屋へ。

同じようにでかいレーザー照射の機械とベッドがあり、横になるとまぶたをテープで上下とめられ、、右目から始めます。何やら目の前にピンセットのような物が見え、フラップをめくっているのが分かります。

同じように機械が迫ってきて、また中心の光を見ているとレーザーが照射され焦げ臭い臭いがしてきます。わあ!角膜が焼かれているんだと実感!

また、フラップが戻され、両目が完了。
この間も数十秒で終わりです。

何度も検査を受けた結果のレーシック手術がついに完了です!

なんと、終わりましたと言われて、ベッドから起き上がる時には、足元のスリッパがはっきりと見えました!

レーシックの手術後すぐに見えるというのは、本当だったんだ!と感激した一瞬です。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
コンタクトの弊害

これで、長年お世話になったコンタクトともさようなら!
目にゴミが入ったり、落としてしまったり、ドライアイで苦労したり、
コンタクトをしていて困ったいろいろなことから開放されると思うと、
緊張もとけて嬉しくなってきました。
ここではスーパーイントラレーシックの術中の説明をしましたが、
手術が終わってほっとしたというところです。
美容整形ではないですが、眼鏡やコンタクトから開放され、目つきがよくなると、
男女問わず、目がきれいに見えるかもしれませんね。


happa001 at 21:23│clip!レーシック手術 | 美容整形?