レーシックの術後に起こる副作用 ハログレアなど

レーシックの手術後すぐは、痛みを感じたり、まぶしさを感じたり、
異物感を感じたりする方もありますが、ほとんど1日もすれば症状は軽減されます。

術後の副作用としては「ハロ」「グレア」があります。
これは夜間に光の周囲がにじんで見えたりする現象で、強度近視の人に多いようですが、
通常は3ヶ月頃をピークにして解消されていくようです。
また、脳がこの現象に慣れてきて解消するとも医師から聞きました

ドライアイ」は内皮細胞の減少が見られるコンタクトの長期使用者に多い症状です。

術後は、ドライアイ用の目薬も処方されますので、困ることはありませんし、
徐々に1ヶ月ほどで改善していくようです。

結膜下出血」というのは、フラップを作る時に角膜を吸引するので、
その圧力によって白目の結膜部分に内出血が見られる症状です。
視力には関係ありませんし、管理人も内出血が見られましたが、数日で解消されました。

「サハラ砂漠症候群」というのは、レーシック後のフラップ面に原因不明の
砂状の混濁が見られることです。
しかし、発生は0.03%と低く、なかなか治らない場合はフラップの洗浄が必要です。
イントラレーシックではまだ発生したことが無いという事です。

近視の戻り」は術後に遠視の眼鏡をかけずに近くを見続けた場合などに
起こることがあるようです。
希望するなら、角膜の厚みなど再度検査をし一定期間間をおいて再手術も可能な場合があります。
品川近視クリニックの医師に聞いたところでは、近視の戻りは1%ほどだとか。

視力は治療後に一時的に遠視が出たりすることもあり、視力はしばらく変化します。

レーシックの術後、視力が安定するのは3ヶ月くらいしてからと言われていますので、
もし、中年以降の方で老眼鏡などを作られる場合は、それくらい経ってからの方が良いでしょう。

それまでは、百円均一の安い老眼鏡でもいいということでしたよ。

最近は眼鏡店でも3000円くらいから視力を測って、老眼鏡も作ってくれますね。
左右の視力差がある方は、そちらの方がベターですね。