レーシック術後の症状 痛み ドライアイなど

レーシックを受けた後には個人差はありますが、いろいろな症状が現れます。

レーシック術後のところでの書きましたが、レーシックの手術後は目がピリピリというか、まぶしく感じて、なかなか長く開けて入られませんでした。

ポロポロと涙が止まらない方を見かけたこともあります。

中には、全く平気という方もあるかもしれませんね(^^)v

医院が遠くで、乗換えなどある方は気をつけて帰らなければなりませんね。
外出時は保護用の眼鏡をかけていた方が安心です。

当日は多少の痛みもありましたので、頻繁に目薬を差していました。
翌日にはずいぶん楽になったのですが・・・。
これも、人それぞれ感じ方が違うと思います。

それから、レーシック術後の当日は、テレビは見ないで音を聞くだけにしていたのですが、その夜、何度か送られてくるメールについ返事を書いてしまいました・・・。
すごく目を酷使しますのでこのようなことは止めた方がいいと思います。

術後1週間くらいは、ドライアイをすごく感じました。
なので、やはり乾燥を防ぐ目薬は手放せませんでした。

また、これは何週間経っても変わらないのですが・・・
つい、ぐーっと横目を使ったりすると、コンタクトがずれるんではないかとか、
手などが当たったときには、コンタクトが外れるんではないかとか、
夜寝る前には、コンタクト外さなきゃ・・・と本当に思ってしまうのです。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
コンタクトの弊害

イントラレーシックの手術を受けたというのに、自分の目で見るということに
なかなか、頭の方が慣れていかなかったのかもしれません(笑

レーシックを受けたというのに、コンタクトにどれだけ依存してきたかというのが良く分かりますね。

眼鏡をかけ続けていた方もいろいろと変な感じがすると思います。

神戸クリニックでは、今まで使っていた眼鏡のレンズを優待価格で取り替えてくれるシステムもあります。
伊達眼鏡にしたりサングラスにしたり出来るかもしれませんね。