レーシック(レーザー角膜屈折矯正手術 )の手術給付金について

レーシック手術給付金の対象になることがあるってご存知でしょうか?

多くの生命保険・医療保険でレーシックが手術給付金の対象になっています。(新しい保険では対象外もあります)

加入している保険の種類にもよるのですが、およそ3万円〜10万円くらいの手術給付金が支給されるようです。

どれくらいの額が支給されるか、また手術給付金の対象になっているのかどうか、
ご加入されている保険会社へ早めにお問合せください。

レーシックの正式な手術名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」です。

保険会社へ手術給付金の請求をする場合、診断書の作成が必要になります。

ほとんどの保険会社では、給付金申請用の診断書フォームがありますので、その書類を送付してもらいましょう。

保険会社専用の診断書フォームがない場合は、それぞれのクリニックで診断書が用意されています。

診断書の作成には一通3000円から5000円程の作成料がかかります。

各クリニックで手術給付金実績のある生命保険会社を参考までに挙げておきます。


こちら以外でも給付金の対象になるところもあるかもしれませんので、各自お調べ下さいね。
<あ行>
あいおい生命、アクサ生命、朝日生命、アメリカンファミリー、
アメリカンライフインシュアランス、
AIGスター生命、AIGエジソン生命、ウインタートウル・スイ ス生命、エキスパートアライアンス

<か行>
警察共済組合制度

<さ行>
ジブラルタ生命、JA共済、住友生命、ソニー生命、ソニー損害、 損保ジャパンひまわり生命

<た行>
第一生命、太陽生命、大同生命、東京海上日動あんしん生命

<な行>
日本生命

<は行>
プルデンシャル生命、富国生命、ピーシーエー生命保険

<ま行>
明治安田生命、三井生命、三井住友海上きらめき生命、
マニュライフ生命

などなどです。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
レーシック失敗 失明が心配 勇気が出ない
松坂大輔のレーシック体験談 銀座スポーツクリニックにて

管理人は、日本生命で給付金を受け取ることができました

各保険会社には忘れずに、「レーザー角膜屈折矯正手術」を受けるのですが・・・
と問い合わせをしてみてくださいね。
古い保険だと大丈夫のようですが、最近のは対象になっていないところが多いので注意して下さい。