角膜が薄い人のための、レーゼック(LASEK)という方法

視力回復手術の方法として、レーゼック(LASEKラセックとも言うそうですが)というものもあります。

レーシックで視力回復をしたくても、以前にも書きましたように、何らかの原因で、角膜の厚みが足らず、レーシック手術不適合となってしまう人もいます。

レーゼック(LASEKラセック)とはエキシマレーザーを使うという点においてはイントラレーシックと同様なのですが、フラップの作成方法が違うもののことをいいます。

レーゼックはフラップがレーシックよりも薄いため、従来のレーシック、イントラレーシックでは角膜の厚みが足りず手術が適応不可能だった人や、格闘技(ボクシング・プロレス・柔道・ラグビー・・・)などの眼球に強い衝撃を受けやすい激しいスポーツをする人でも手術ができるというのが特徴です。

パイロット試験を受けるというような方にも向いている術式だそうです。

角膜が薄い人でも受けられるという利点がありますが、重い近視の場合には角膜混濁が発生したり、矯正の効果に限界があり、手術に痛みが伴うという点がイントラレーシックと非常に異なります。

レーゼック(LASEK)は、ボーマン膜からエキシマレーザーを照射するので、強度近視の方には不向きな方法です。

術後の視力回復が遅く、数日は目の痛みが続くなど問題もあるのですが、レーゼックは、精密な顕微鏡で見ても、フラップ周辺の切開痕跡が全く見えないので、レーザー屈折矯正手術を禁止しているような試験を受ける方には好評だそうです。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
角膜内皮細胞 正常値 40代
レーザー角膜屈折矯正手術 日本生命
レーシック 神戸クリニック


エピレーシックも同系統の手術でフラップの作り方が違い、行っている医院と行わない医院があります。

エピレーシックは神奈川クリニック眼科や神戸クリニックで、
レーゼックは錦糸眼科で受けることができるようです。

ピーアールケイ・レーゼック・エピレーシックなどいろいろな術式がありますが、やはり、これらは特別なスポーツをしたいなど、特別な理由のある方向きの方法です。

今は、レーシックより角膜が薄くてもある程度適応可能なイントラレーシックが主流になりつつあり、これからはほとんどの方がイントラレーシックの手術を希望されると思います。