お笑い芸人 サバンナのレーシック体験談 コンタクトの弊害

サバンナさんのレーシック体験の感想を神戸神奈川アイクリニックさんよりご紹介します。

サバンナの八木 真澄さん 1974年8月4日生まれ 京都府出身
1994年 柔道部後輩の高橋茂雄とコンビを結成。NSCに入らずにデビュー。1997年 第18回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞。現在はレギュラー番組4本の他、映画・ビデオにも数多く出演!持ちギャグは350以上「浪花のギャグサイクロン」という威名を持つ人物。今後も幅広い活躍が期待できる。

サバンナの高橋 茂雄さん 1976年1月28日生まれ 京都府出身
1994年 柔道部先輩の八木真澄とコンビを結成。NSCに入らずにデビュー。1997年 第18回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞。現在はレギュラー番組4本の他、映画・ビデオにも数多く出演!また、ピン芸人としても「自由だ〜!!」でおなじみの犬井ヒロシとしても大ブレイク中!!エンタの神様でトリを務めるなど今後の活躍から目が放せない存在。

高橋さんはコンタクトの弊害についても話されています。
コンタクトは愚の骨頂と言い放つ高橋さん、レーシックで裸眼がすっかりお気に入りです。

サバンナのお二人が神戸クリニックを選んだのはどういう理由からですか?
高橋
僕は事務所のスタッフに紹介していただきました。東京の芸人の先輩にもレーシックを受けている人が多くて、その人たちみんなに「絶対やった方がいい」と言われて。東京の方が早いみたいで、大阪の芸人ではまだ誰もやってなかったんです。

八木
僕は相方が受けて、すごく悔しくなったんですよ。受けてすぐ自慢されまして、やっぱり横で「快適!快適!」って言われたら受けたくなるじゃないですかぁ。もう、その日に神戸神奈川アイクリニックに電話しましたよ。

吉田先生はいろいろな方を手術していますが、
サバンナのお二人の手術中はどんな感じでしたか?

吉田
実は、著名人の方やうちのスタッフのオペをする時は平静を装っていました(笑)。いやぁ、めちゃくちゃ緊張しますね。もうドキドキで...。

八木
本当ですか〜(笑)。

吉田
といっても、オペ直前になるともう気持ちを切替ますけどね。

八木
オペ中は、先生にうまく誘導してもらったんですよ。
ある点を見てないといけなかったんですけど、それを「いいよ、いいよ!」
「上手、上手!」って感じで。
だから、自分でかなり上手に見れてるんやって思ってしまいました。

吉田
声かけってすごい大事なんですよね。やはり皆さん恐いですから、眼をなかなか開けてられないんです。
でも、オペの進行は、ちゃんと眼を開けていられるかどうかで変わってくるんですよ。いかに早く、いかに的確にできるかが大事。早く終わればお客様の負担も少なくなるんでね。

高橋
僕も声かけてもらってほんとに安心しましたね。「あと、何%...」とかね。

吉田
高橋さんは、オペの後かなり長く休んでらっしゃいましたよね?

高橋
そうなんです。別室のソファで...。オペの後に収録があったんで寝させてもらいました。
パンまで買ってきていただいて...ぜったい忘れません。(笑)

コンタクトを使用しながらお仕事していて困ったことはありましたか?
高橋
コンタクトはレーシックを受けた人間から言うと、愚の骨頂ですよ。レーシックをしてしまえば、コンタクトは、なんの意味もないですからね。僕ら、新幹線での移動が多いんですね。その間はなるべく寝たいんですが、コンタクトを着けたまま寝たら眼が乾くんですね。でも、取ったらまた着けなあかんでしょ。新幹線に乗っている2時間半の間だけ、はずすって、もうそれがすごく面倒で大変な作業だったんですよ。

吉田
神戸クリニックは、両眼で28万なんですが、最近はもっと安いところもあります。15万のところとかね。価格破壊が起こってるんですよね。

高橋
15万のところはダメですか?

吉田
ダメとは一概には言えないですが、大切な眼のことだし、1回の手術ですから、ちょっと考えてしまいますね。
やはり、安全なのが第一ですから。神戸神奈川アイクリニックには生涯保障制度というのがあって、28万は、それ込みの金額。
つまり、お二人とは一生涯のお付き合いなんですよ! 視力が下がる確率は2%くらいですが、もし、下がるようなことがあったら、 3年後でも5年後でも再手術が可能。
その時に別費用がかかることは一切ありません。それら全部含めての28万なんです!

八木
そうですよね。やっぱり大事な眼のことですからね...。
(費用は変更になる場合がありますお問い合わせを)

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
コンタクトの弊害

コンタクト装着でいろんなトラブルにあった人も多いと思います
コンタクトの弊害については、失明も含め医学的にもいろいろいわれています。
管理人もコンタクトが辛くなって、レーシックを受けましたが、
裸眼で生活できるというのは、とっても楽で快適です。