お笑い芸人 山ちゃんのレーシック体験談 裸眼でスキューバ

山ちゃんこと南海キャンディーズの山里亮太さんのレーシック体験談の続きを神戸クリニックからご紹介します。
山ちゃんの趣味はスキューバなんですね。

レーシックを受けた後は、どんな風に生活が変わりましたか?

山里
手術直後から見えたのは驚きましたね。そして、朝起きてまず、時計が見えることに感動するんですよ。日毎になじんで行く感じで、毎朝起きるのが楽しみでした。

吉田
時計の話はみなさんおっしゃいますね。そう、感動するんですよね。私自身、レーシックを受けて6年たつんですが、いまだにふとした時に見えてるなぁって思ってうれしくなるんです。

山里
窓を開けて外を見たら葉っぱがきれいに見えたり、感動がでかいですよね。とにかくひとつひとつがパワーアップした感じで。日々新しい場所に行くと、新しい場所で初めて見たものがこんなにきれいに見えるのかっていうのがうれしいんです。

吉田
山里さんはスキューバをされるとか。

山里
はい、先日、術後初めて沖縄にスキューバに行ってきたんですが、むちゃくちゃきれいでしたね。いつも器材は現地レンタルなんですが、ゴーグルのレンタルに度付きがないので、目が悪い時も仕方なく裸眼でもぐっていました。だから、視界はぼんやり。もったいないでしょ。それが今回は裸眼でバッチリに見えて、もう最高でしたね。

吉田
色の感じ方も違いませんでしたか。

山里
まったく違いましたね。矯正視力と裸眼はこんなに違うのかって。くっきりとしていて色鮮やかに見えるんですよね。

吉田
女性の中には、ファンデーションの色が変わったという人もいましたね。

山里
なるほどね。食事してても、感動しますよ。ジャージャー麺の挽肉が粒でよく見えるのでこんなにも入っていていいのって(笑)。それに、きれいなものを見たくなりましたね。テレビも前だったら設定が知らないうちにアナログ放送になっていても気にならずそのまま見ていたんですが、今はすぐにデジタルに切り替えます。

吉田
ではあえて、不便と感じることを教えてください。

山里
あえて不便なことをあげると、自分のメガネの汚れが気になることと、メガネをかけてでかけるのを忘れることかな。メガネをかけずに出かけて途中で気づいて取りに帰ったりはいまだによくあります。あと関係ないですが、相方のしずちゃんの肌を見てこんなにぶつぶつがあったんだって気づいたこと(笑)。

では、これからレーシックを受けようと思ってられる方に一言お願いします!
山里
初めて話を聞いた時に感じた通り、術後の今も、デメリットがまったくない。良いことばかりです。朝起きて、時計が見えることがこんなにうれしいとはって、感動することまちがいなし。例えば、手術に対する怖さと術後に手に入れられる幸せを天秤にかけたら、まちがいなく、幸せの方が重い!怖いと思っていた人ほど、術後に広がる楽しさとかうれしさが大きいと思いますよ。

吉田
幸せの量。いい言葉ですね。幸せの量を考えたら、その幸せは怖さより重い。決まりましたね!本日は色々とお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。今後のさらなるご活躍を期待しています。

以上、神戸クリニックさんより引用させていただきました。

スポーツをされる方はレーシックにして本当に楽になったと言われますね。
マリンスポーツは特にゴーグルとか不便ですから・・・スキューバもしかりです。

山ちゃんの場合、お笑い芸人代表として、レーシック手術体験がテレビ中継されましたから、すごい反響でしたね。
それ以降、神戸クリニックの予約を取るのが大変になりましたし、
理事長さんが多忙になられたせいか、説明会に理事長の参加ができない日が多くなったように思います。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
先進医療 レーシック
サバンナ お笑い

神戸クリニックは、本当に吉本興業などお笑い芸人さんの体験が多くて、クリニックの壁にもたくさんの写真が飾られていますよ。


happa001 at 23:20│clip!お笑い芸人の体験談 | 眼鏡