老眼と白内障の治療 遠近両用眼内レンズ

老眼や白内障でお困りの方にお知らせです。
レーシック・視力回復で有名な神奈川クリニック眼科では、遠近両用眼内レンズによる老眼と白内障の画期的な治療法として注目を集めている「遠近両用眼内レンズ」治療を行っています。

従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応した、遠くも近くも見えるという夢のような治療法です。

諸外国のみならず日本国内での症例数も増加してきている手術。手術方法そのものは従来の白内障手術と全く変わらないため、白内障手術の経験豊富な眼科専門医が行えば安全性が高いものであるといえます。
レンズには「屈折型」と呼ばれるものと「回折型」と呼ばれるものの二種類があり、神奈川クリニック眼科では厚生労働省およびFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可済みであるAMO社製ReZoomR(リズーム/屈折型)およびAlcon社製ReSTORR(レストア/回折型)を主に使用しています。また患者さんの状態により、厚生労働省認可済みAMO社製、TECNISRMultifocal(テクニス マルチフォーカル/回折型)や、最強度近視に対応したドイツAcri.Tec社製Acri.LISA(アクリリサ/回折型)を使用するなど、各人に合わせた豊富な選択肢で手術を行っています。
往年の名ゴルファー、ゲーリー・プレーヤー氏はReZoomRによる老眼・白内障治療を受けたと公表しています。ゲーリー氏も手術に大変満足しており、「パットの時も、Eメールを読むときも、孫娘に本を読み聞かせるときも視力が良好で感謝している」とのコメントを発表しています。

遠近両用眼内レンズには、レンズ自体に大きな工夫が施されています。従来の保険診療で使用される白内障手術のレンズは、単焦点(ピントが一つ)のため、術後に遠方は良く見えるものの、近くを見るときには必ず老眼鏡が必要になるという欠点がありました。
しかし、“多焦点眼内レンズ”はレンズ1枚に5ゾーンもの焦点(ReZoomRの場合)が割り当てられており、遠距離はもちろん、近距離から中距離もクリアな視界が期待できます。

なお、この手術では、術後にもし近視・遠視・乱視の度数にズレが生じた場合でもレーシックによって補正を行なうことが可能です。神奈川クリニック眼科ではさらに眼に負担が少ないイントラレーシックによる補正を現キャンペーンの患者さんを対象に無料で実施しているそうですので安心できますね。

ただし、小さな文字を読む際は老眼鏡が必要となります。詳しくは神奈川クリニック眼科の医師までご相談ください。
・スポーツをする中高年の方
・パソコンを使用する中高年の方
・老眼と白内障の症状が出ている方

内眼手術の経験も豊富で、白内障手術においても
13,000症例以上の実績を持つ北澤医師を中心に手術を行うそうです。

手術は遠近両用眼内レンズ(多焦点レンズ)を眼内に挿入し、手術後、眼帯を装着するため、両眼同時には行いません。片方の眼を手術してから1〜2週間後を目安にもう片方の眼を行います。手術時間は片眼10分程度です。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
アンチエージング レーシック
最強度近視、角膜が薄い

白内障は白髪と同じようなもので、歳を取れば症状が出るものです。
老眼も全くでないという人はまれでしょうね。
近くも遠くも見えるのは中高年にとっては、とても嬉しいことだと思います。