エピレーシックは角膜の薄い人、激しいスポーツをする人向きです

エピレーシックは角膜の薄い人、激しいスポーツをする人向きです
エピレーシックは、角膜が薄くてレーシックをあきらめかけた方や、スポーツでもボクシングやK1その他、格闘技などハードなどをされる方に向いた術式です。

エピレーシックは、レーシックと同じように角膜にエキシマレーザーを照射することで屈折を矯正し、視力を回復させる術式ですが、角膜が薄いとかハードなスポーツをするなど、通常のレーシックが困難な方にも受けていただくことができます。

エピレーシックは角膜が薄い方でも施術できるのが特徴で、術後の痛みも、従来のPRKに比べて少ないといわれています。

エピレーシックは眼に強い衝撃を受けてもフラップがずれる心配がありませんので、格闘技など眼に強い衝撃を受けるスポーツをされる方
に好評だということです。

角膜上皮を「エピケラトーム」という専用の医療機器によって安全に剥離して、通常のイントラレーシックよりももっと薄いフラップを作成します。そして削り取ります。
このため、角膜に十分な厚みと強度を確保できるため、角膜が薄くてイントラレーシックが受けられない方にも適応となるケースが多くなっています。
またエピレーシックでフラップを作成する角膜上皮は、新陳代謝によって新しく生まれ変わります。そのため眼に強い衝撃を受けてもフラップがずれることがありません。フラップを戻すということをしないわけですね。

エピレーシックはフラップが非常に薄いため、手術後、角膜表面を保護するコンタクトレンズを装用しなければなりません。そして6〜7日後に上皮の再生状況を見てコンタクトを取り外します。
コンタクトレンズは、施術医院での診察の上で交換・取り外しを行いますので、通院が必要になります。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
レーシック体験個人ブログ
京都京田辺、安淵眼科の人気
ハログレアとは

レーシックを諦めている角膜の薄い方にも、EPI−LASIKは対応できるということですね