気になる失敗、レーシックで失明は?

今世界中で大人気のレーシックですが、失敗は無いのでしょうか?

レーシックを考えている方で、一番気になるのは、失明したらどうしよう〜ということですよね。

レーシックは、5層になっている角膜の浅いところの手術ですので、失明ということは、起こりえないという現在の見解です。

レーシック最先端のアメリカですが、アメリカ国防省でもレーシック手術の一つであるイントラレーシックが認められ、世界中でレーシック手術が当たり前のように行われるようになってきました。

日本でもレーシック手術の認知が広がり、施設も増え、視力回復のために
レーシックを受ける人はどんどん増え続けていますね。

そんなことはとっくに知っているけれど、やはり失敗するんじゃないか失明するのではないかと
心配になっている人、勇気が出ない人はきっと多いと思います。

失敗といえるのは、思ったよりというか予定したより、視力が出ないという状態を、
レーシックの世界では失敗と表現するようです。

だいたい、1.5くらいの視力は出るようなのですが、まれに少しよくなった程度しか
視力が回復しないとことも起こりうるようです。

しかし、0.08、くらいだった人が、0.9くらい見えるようになっても、それは世界が変わると思うのですが。

先日も、知り合いのいとこ達がレーシック手術を受けてきて、とってもさっぱりした!
もっと早く受けていればよかったと感想をもらしていたと聞きました。

現在、レーシック手術においては、失明という最悪の事態は起こっていないということです。
コンタクトでは、失明ということが言われていますけれど・・・。

まず、心配な方は無料相談会に行ったり、体験者の話を聞いたり、
直接レーシックを受けた経験のある医師と話したり、資料をたくさん取り寄せたりして、
知識を増をどんどん増やしてくださいね。

自分に知識が増えてくると、レーシックがどういうものなのかよく理解できて、安心感が出てきます。

失明が無いということは、心強いですよね。
失敗というのは、思ったよりというか予定したより、視力が出ないという状態を、失敗というようですので、
再手術などを考えると、保障期間を長く取っているクリニックが安心といえます。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
レーシック失敗 失明が心配 勇気が出ない
何歳からレーシック適応年齢

だいたい、普通の人で1.5くらいの視力は出るようなのですが、まれに少しよくなった程度しか視力が回復しない事も起こるようですので、そんな場合、角膜の状態によって再手術が出来ます。

もちろん間を置いて、詳しい検査を受けて、角膜の厚みなど条件がクリアすれば再手術できのです。