レーシック失敗 失明が心配 勇気が出ない

レーシックという近視回復の手術を受けてみたいけれど、レーシックの失敗、失明が心配で勇気が出ない人に・・・。

レーシック手術のことが盛んに言われるようになり、最近では芸能界でも近眼からさよならした人が大勢いるようでこの手術がクローズアップされています。

そんなことは知っているけれど、やはり失敗するんじゃないか?!と心配になっている人、勇気が出ない人は多いと思います。

何を隠そう初めは、もしかして失敗したらどうなるのよ!と不安だった管理人です(笑

しかし、無料相談会に行ったり、体験者の話を聞いたり、直接レーシックを受けた経験のある医師と話したり資料をたくさん取り寄せたりして、知識が増えるにつれ、大丈夫だ!と思えるようになって来ました。

今のところ、レーシックの手術において、レーシックで失敗という事態は起こっていないのだそうです。もちろん、失明も。

あえて失敗といえるのは、思ったよりというか予定したより、視力が出ないという状態を、失敗と表現するようです。

だいたい、1.5くらいの視力は出るようなのですが、まれに少しよくなった程度しか視力が回復しないということも起こりうるようです。

両眼を手術しても、片目の視力が出なかったということもあるそうです。

そんな時、角膜の厚みが満たせば再手術が可能です。
しかし、保障期間が設定されていない場合は、手術費が再度かかってしまいます。
こんなことも想定して、やはりある程度保障期間を設けているレーシック実施機関を選ばれるのがよいと思います。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
角膜内皮細胞 正常値 40代
レーザー角膜屈折矯正手術 日本生命
レーシック 神戸クリニック
遠近両用眼内レンズ

ますます、レーシックのレーザーの性能も良くなっています。
失明はまずありません・・・といっても大丈夫なのか?と思うと思いますので、
今、怖いな心配だなとレーシックをうけるのが不安になっているあなたには、まず、勇気を持って、適応検査を受けてみてくださいと言いたいですね。

先日、話を聞いた大学病院の勤務医である眼科医の先生は、古い頭の眼科医などの中には、
レーシックに否定的な医者もいますが、これだけ技術や機械が進歩している今の状況において、
レーシックは確実に有効な視力回復の方法ですよ。と話してくれました。
決心する参考になればと思って、書いておきますね。

裸眼で過ごせるというのは、本当に気持ちがいいものですよ。