視力回復のレーシックの種類の違い分かりにくいですね(イントラ・・)

視力回復のレーシックの種類はいろいろあって、違いは分かりにくいですね。

近視手術はレーシックだ!といろいろな人から聞いて、
自分も受けてみたい、視力回復したいと考えている人は、ずいぶん増えました。

視力回復のレーシックと一口に言っても、いろいろな種類があります。
レーシックだったら何でも同じような手術かかといえば違いがあるんですよね。

しかし、素人はどの手術がどう違うのか混乱してしまいがちです。
レーシックは角膜にフラップというものを作って、レーザーを当て、視力を矯正する術式なのですが、個人の角膜の厚みや視力の違いによって、
行われる視力回復のレーシック手術は違ってきます。

そこで、レーシック手術といわれる主なものを分かりやすく解説しておきましょう。

それぞれの特徴をよく理解して自分自身の目に合った手術を受けなければ、
思ったように視力が回復しないで、後悔してしまうかもしれません。

.譟璽轡奪
一般に言われる、レーシックとはマイクロケラトームという電動カンナのような電動メスでフラップ(角膜に作るフタの事)を作成する方法なのです。昔から行われている手術です。(最近はより一般化しているのは、イントラレーシックの方ですね。点眼麻酔をかけ、ケラトームで保護層を剥してフラップを作ります。次にレーザーを照射しフラップを戻すというものです。このマイクロケラトームの往復運動をするうちにフラップの断面が多少凹凸したり、フラップにしわがよることもあります。近視乱視に対応しています。

▲ぅ鵐肇薀譟璽轡奪
イントラレーシックはアメリカのイントラレース(INTRALASE)社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御のフラップを作成します。,脳匆陲靴拭▲譟璽轡奪のマイクロケラトームでも正確なフラップは作成できますが、イントラレーシックの方がコンピューター制御によってより精度が高く、角膜が薄い人にも可能になり、正確な厚みのフラップを作れるようになりました。手術後のフラップの定着も良くて、痛みも軽減され、後遺症などもマイクロケラトームより少ないようです。


★こちらはこのサイトでよく検索されている語句です。
遠近両用眼内レンズ
角膜が薄い
レーシック失敗 失明が心配 勇気が出ない


以上は、どのレーシック眼科でも行われている手術だと思います。
最近は、ケラトームでフラップを作るより、より精度のいいイントラレーシック
の方が需要が多いと思います。適性検査を受け、どの術式がいいのかしっかりと
医師と相談してくださいね。

そのほかのレーシックは次記事で紹介しますね。