視力回復のレーシックの種類の違いは分かりにくいですね。(エピなど)

視力回復のレーシックの種類の違いは分かりにくいですね。

あなたの周りでも、レーシックで視力回復して裸眼になったよ〜
という人がいるかもしれませんね。
マスコミでも、ずいぶん取り上げられていますから、レーシックって目が良くなる手術だということくらい知っている人も多いかもですね。
視力回復のレーシックと一口に言っても、いろいろな種類があります。
レーシックだったら何でも同じような手術かといえば違いがあります。

しかし、眼鏡やコンタクトに頼ってきた素人は、どの手術がどう違うのか
混乱してしまいがちです。
レーシックは角膜にフラップというものを作って、レーザーを当て、
視力を矯正する術式なのですが、個人の角膜の厚みや視力の違いによって、
行われる視力回復のレーシック手術は違ってきます。

エピレーシック
エピケラトームという機材を利用して、フラップを非常に薄くする手術方法です。角膜が薄い人でもエピレーシックなら手術を受けることが可能になりました。通常のレーシックと比べると強い眼の衝撃でもフラップがずれることは少ないのですが、このエピレーシックの方法では保護用のコンタクトを術後、数日間はつけなければなりません。また通常のレーシック手術より医師の高い技量が必要でしょう。症例数の多い医師を選んだ方がよさそうです。

ぅ譟璽璽奪(ラセック)
レーゼックは麻酔をかけた後に角膜をアルコールに30秒ほどつけ、柔らかくして、保護層の上部を剥してフラップを作成してレーザー照射をする手術方法です。エピレーシック同様に角膜の薄い人でも手術を受ける事が可能になりました。やはり医師の技量が要求されるでしょうね。こちらは保護用コンタクトも数日間つける必要があります。実際に保護層を切り取る事が無いので、手術で作ったフラップは術後時間の経過と共になくなるために(フラップを戻す必要がない)激しいスポーツをする人などに合っている方法です。

ゥΕА璽屮侫蹈鵐肇譟璽轡奪
手術前に行った検査データをもとに、ウェーブフロントアナライザがガイドするレーシック手術の一つです。ウェーブフロントレーシックは、ウェーブフロントセンサーでデータ解析し、その収差を取り除く様にレーザーを照射する事が出来る最新のテクノロジーです。
約4年前に開発され海外及び国内での施設にこのシステムが導入されるようになって驚異的な実績がすでに証明されています。
レーシックで叶わなかった術後のグレア(夜間のギラつき、まぶしさ、ブレ)もウェーブフロントレーシックでは軽減される事も証明されています。

この他にも、レーザーの精度がぐんと上がって、さらにはっきりと見やすい手術を売りにしている眼科も増えてきました。
これからも、どんどんレーザーの開発は進むでしょうし、レーシックを受ける人口もますます増加すると思われます。
もっと簡単にもっとよく見えて、手術費も価格が下がったりして、視力回復手術がさらに身近になる可能性は大きいでしょうね。

.譟璽轡奪
▲ぅ鵐肇薀譟璽轡奪
については、前の記事を参考になさって下さい。