子供でも受けられる?レーシックの適応年齢(18歳以上)

子供でも受けられるのでしょうか?レーシックの適応年齢は18歳以上
といわれていますね。
現在はレーシック手術の適応年齢は、だいたい18歳から60歳までとどの眼科でも説明しています。
18歳以上でも未成年は保護者の承諾が必要です。

特別な場合として、競馬の騎手、競艇の選手、自衛隊生徒など視力が必要な試験を
受ける18歳未満の方や、高齢の方でも適応検査で眼に問題がなければ
手術を行う場合もあります。

若い方に施術を控える理由はもちろん体の発育がまだ完全ではないので、
手術を受けたあとでも近視が進むこと可能性があるからです。

レーシックは18歳を過ぎるまで基本的に受けることはできません。

レーシックの手術を受けることで視力の回復を見込むことができる条件を満たしていることが必要になってくるのですね。レーシックを受けるための条件は角膜の厚みなどいくつかありますが、年齢的なものもそのひとつに挙げることができます。

子供でも受けられますか?と聞かれたら、レーシック手術はある程度眼の視力が落ち着くまで手術を受けることができませんと答えることになるでしょう。

子供のうちは眼球も成長を続けていますし、近視や乱視が進行する恐れもありますので、基本的にレーシックの手術を受けることができませんね。
子供の眼球自体は8歳くらいで成人とほぼ同じ大きさにまで成長すると言われていますが、大人になるにつれて、眼は遠視もしくは正視に近い状態から、近視の状態へと変わってくると考えられています。
これは、ゲームや本や細かいものなどを暗い場所などで見ることなどによって、目が悪くなっていったということだけではなくて、子供が大人に成長していく途中で、誰もが眼軸の成長によって経験することです。

子供の眼の眼軸はまだ成長段階にあるので、大人よりも短い状態になっています。
成長するにつれて、近視のような変化をしていくことになりますので、一見すると視力が落ち着いているように見える場合でも、毎日少しずつ視力は変化していっていて、大人になるまでにその変化の幅がどれくらいのものになるのか予測がつきにくいのですね。

しかし、近視にならないよう生活習慣を考えるのは、子供の内からしておきたいことです。
レーシックでは、眼の角膜を削ってしまうことになりますので、これから視力が成長とともに変わるかもしれない子供の眼に手術を施すことはできないこととなります。

眼球の成長もある程度止まり、視力も落ち着く18歳を過ぎれば、レーシック適応年齢となり手術を受けられます。
ただし、18歳から20歳未満の方がレーシックの手術を受けるためには、
保護者の方の同意書(承諾書)が必要になる場合が多くなっています。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
遠近両用眼内レンズ
角膜が薄い
角膜内皮細胞 正常値 40代

また、レーシックは60歳くらいまで、手術可能と言われていますが、白内障や緑内障のあるなし、程度によっても手術できない場合があります。
老眼の心配もあります。まずは、適応検査(ほとんどのクリニックで無料)を受けていただくことが大事になります。