レーシックについて疑問質問、品川近視クリニック院長の回答

レーシックについての疑問や質問に関して、品川近視クリニック院長の回答。

品川近視クリニック 銀座院 青山勝 院長のレーシックについての質問に対する回答、説明があります。

管理人は、品川近視クリニックの大阪梅田でスーパーイントラレーシック手術を受けましたが、受診前に、院長にメールで質問をしたりしました。

どなたにもレーシックが万全というわけでもありません。
手術をしたけれど、一度目では思ったほど視力が回復しない場合もあります。

いろいろな質問に対する品川近視クリニックでの回答です。
その方の体質により、レーシック手術が効きにくいということはありえます。
片側だけ視力があまり回復しなかった場合でも、目の状態(角膜の厚みなど)に問題がなければ、再調整のレーシック手術を受けることができます。

3ヶ月ほど目が乾きやすい(ドライアイ)状態になりますが、それ以降は安定してきます。また、失明することもありません。(ハログレアの症状が出る人もありますよね。)

老眼が早まることはありません。ただ、すでに老眼が始まっている方が
レーシックを受けても老眼自体が治療できるわけではありませんので、
老眼鏡は必要になります。

また、近視の度が軽い方は老眼とつり合いがとれて、手元を見る際に眼鏡が必要でない場合があり、そのような方がレーシック治療で近視を矯正すると
遠くは眼鏡の必要がなくなりますが、手元を見る際には老眼鏡が必要となります。

レーシック手術は、近視を予防するものではありませんから、手術後も生活環境などによっては、再度近視が進むことはありえます。(要注意ですね)
その場合でも、眼鏡・コンタクトレンズの装用も可能ですし、角膜の厚さなど目の状態に問題がなければ、改めて手術を受けて調整することができます。


青山院長自ら1日100人位の手術をこなされるそうです。
土日も年末年始も休まず手術が受けられるクリニックだそうです。
品川近視クリニック 銀座院 青山勝 院長 より。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
レーザー角膜屈折矯正手術 適応保険会社
ハログレアとは

品川近視クリニックはレーシックの規模の大きい施設です。
東京銀座、大阪梅田、愛知名古屋、福岡天神にクリニックがあります。

現在35万症例突破!のようです。韓国など外国からもレーシック手術に来られるようですね。費用が安いということもあります。
・・・すごいですね。