小池徹平の澄んだ瞳、レーシック体験

小池徹平さんの澄んだ瞳は・・・レーシック体験のご紹介。
小池徹平さんもレーシックの体験者ですね。
WATで歌手としても活躍、ドラマでも俳優として活躍・・人気者ですよね。

レーシックは本当にたくさんのタレントさんや、俳優さん、お笑い芸人さんと
多くの芸能関係者に体験者が増えています。

特に神戸クリニックは芸能人の体験者が多くて、神戸クリニックの中に
一歩入ると、おなじみのタレントさんやお笑い芸人さんのパネルがたくさん飾ってあります。

小池徹平さんがレーシックで視力回復したのは、2007年のことだそうで、やはり
神戸クリニック。
小池徹平さんは、ドライアイで充血がひどかったようです。

コンタクトを使用しているとどうしてもドライアイの症状に悩まされますね。
しかも、タレントさんなどは移動が大変だったり、睡眠時間が不規則で少なかったりすると、コンタクトは辛いと思います。

ここで、ちょっとコンタクトレンズの弊害についての注意事項。

コンタクトレンズを使い続けると、恐ろしいことにこの内皮細胞が減少していって
しまうのですね。
コンタクトレンズの使用で酸素供給が減ると(たくさんの酸素を必要とするのに)内皮細胞が死んでいくからなんですね。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
コンタクトの弊害
角膜内皮細胞 正常値
最強度近視、角膜が薄い

しかも、残念なことにこの内皮細胞は再生されません。
この内皮細胞数が2000を切ると注意信号で、1500を切ればコンタクトの使用を止めなければなりません。
コンタクトは20年から25年が限界だそうです。
いつまでもコンタクトには頼れない可能性があるということですね。

自然に視力回復の訓練でなんとかなればいいのですが、なかなか難しいようです。

また、コンタクトを長年使用していると、角膜が薄くなることが分かっています。
角膜が薄くなりすぎると、レーシック手術不適応になる可能性がありますので、
ここは注意が必要です。