飛蚊症ですが、レーシックを受けられる?

飛蚊症の方でも、レーシックを受けることはできますよ。
管理人がそうでしたから。

レーシックは角膜の手術ですので・・・。
詳しくは適応検査のときに相談されてみてくださいね。

虫が飛んでいるような影が、視線の移動とともにふわふわと動いて見える。
この症状は蚊が飛んでいるように見える事から飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれます。

管理人も結構以前から飛蚊症ですから、白い壁などや青空を見たときなど、
黒い物があっちにいったり、こっちにいったりで気になることも・・・。

眼球の中身は硝子体(しょうしたい)という透明な組織で、水と線維でできたゼリーみたいなものです。
硝子体に濁りができ、その影がフィルムの働きをしている網膜に写った時に飛蚊症が起ります。
柔らかい組織の中に浮いた濁りですので、眼の動きにつれて影は動き回ります。
原因は、「生理的飛蚊症」という年齢とともにできた濁りの時もあれば、「網膜剥離」や「硝子体出血」など
放置すれば失明につながる怖い病気の時もあります。
眼科で眼底検査を受ければこれらを区別できますね。

年齢とともに硝子体の線維の部分は縮んでいきます。この結果できた濁りの影を感じているのが
「生理的飛蚊症」で、怖い病気ではありません。
濁りは消えませんが慣れてくると症状は減っていきます。
特に治療の必要はありません。目の老化でもあります。
近視の強い人では、この硝子体の変化が比較的若いうちから起るようです。

糖尿病による眼底出血(糖尿病網膜症)や動脈硬化による眼底出血(網膜中心静脈閉塞症)が
進行すると、破れやすい悪い血管が生えて来て硝子体内に出血が起ります。
出血の量が多い時は強い視力低下が起りますが、少ない時は飛蚊症となります。
(関東労災病院より抜粋)

白い壁、青い空、白い紙を見つめた時、目の前に黒い点のようなもの、髪の毛のようなもの、
または水玉のようなものが動いているのに気づくことがあります。
明るいものをバックにした時だけ見え、それ以外の時はわかりにくいですけれど。
それは視線を動かすと一緒についてきます。目に何か付いているのかと思って目をこすってみても取れないし、眼鏡の汚れかと思ってよく拭いても消えません。こんな症状を医学的に飛蚊症といいます。

多くの人が気にしていますが、心配のないことも多いのです。
強度近視の場合もなりやすいようです。

★当サイトでよく読んでいただいているページです。
最強度近視、角膜が薄い
角膜が薄い
Acri.Lisa、遠近両用眼内レンズ

レーシックの手術で飛蚊症が治ることはないと思います。
(気になる方は一度眼科医にお問い合わせ下さい)
現に管理人も飛蚊症の症状は以前より気にならなくなりましたが、消えていません。




happa001 at 15:39│clip!飛蚊症 | レーシック手術