老眼が心配、中高年の老眼とレーシック

老眼が心配老眼とレーシックの関係は・・・。

レーシックを受けると、通常の人よりも「削った分だけ早く老眼がくる」という風評があり、
老眼が心配という人も多いかと思います。

「レーシックをすると早く老眼になるのか?」、あるいは「老眼は矯正できるのか?」という質問も
多いのが現状ですね。

老眼矯正レーシックという方法もあります。

老眼は近視や遠視、乱視などの屈折異常とはことなる「老化現象」です。
一般的に歳を取ると、白髪が生えるように誰にでも起こりうる現象なのです。

老眼の原因は眼球やレンズの屈折率ではなく、ピントを合わせる筋肉の衰えと
ピント調整で使われる目の中のレンズが硬くなって調整が利きにくくなることによります。

なので、レーシックと老眼は関係ないのですが、近視の人は元々近くに焦点が寄っているので、
老眼に気付きにくいと言われます。
それがレーシックをして普通の視力にもどると近くが見えにくく感じるということになるのですね。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
何歳からレーシック適応年齢
Acri.Lisa、遠近両用眼内レンズ

そこで、老眼が出始めている人にはレーシックは向かないという眼科医もいますし、
近視を少し残してあげることで快適に見えるという眼科医もいます。

老眼レーシックについては、こちらレーシック専門医院で相談できます。
レーシック   湘南美容外科 レーシック 視力回復
最近は、老眼レーシックというものができるようになりました。
中高年になっても、遠くも近くも見えるというのは、とても快適なことですね!
老眼鏡もいりませんね。


↓一度にレーシックの比較をしたい人にはこちらが便利・無料です。
視力回復レーシックコム