ラゼックとエピレーシックの違い(ラゼックとは)

ラゼックとエピレーシックの違いを確認しましょう。

ラゼックとはフラップを作成する際に、エピケラトーム(エピレーシックで使用)の代わりにアルコールを使用して角膜上皮部分を柔らかくし、フラップを作成する方法です。

眼にキズのある方や目の小さい方など、エピケラトームの使用が適さない場合にも対応できます。

ラゼックは、角膜が薄いなどの理由でレーシック適応外の方や格闘技をされる方などに適しています。

手術順序としては、
1) 点眼麻酔
眼の表面を消毒・洗浄して目薬タイプの麻酔を点眼します。

2) フラップの作成
角膜上皮に専用の器具でマーキングし、アルコールで10〜30秒間浸して角膜上皮を柔らかくします。

3) フラップの作成
洗浄液でアルコールを流した後、柔らかくなった角膜上皮をめくります。
※場合によっては、上皮フラップを戻さないケースもあります。

4) 屈折矯正
角膜実質層にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整します。

5)消毒
全体をキレイに洗浄した後、治療用コンタクトレンズを装用し終了です。

6)施術後
状態が安定するまで15分程度回復室で休みます。施術後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅ということになります。

ラゼック(LAZEK)の手術順序は以上のような感じです。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
角膜が薄い、レーゼック(LASEK)法
レーシック失敗 失明が心配 勇気が出ない

ラゼックが適しているのか、エピレーシックの方がいいのか、適応検査を受け
十分に眼科医師とご相談下さいね。