老眼矯正レーシックとCK(ラジオ波照射)

老眼矯正レーシックとCK(ラジオ波照射)についてご紹介します。

老眼が気になる人の視力矯正には、CKというラジオ波による術式、老眼矯正レーシック、白内障手術の際に使用する多焦点レンズによる矯正・・・などがあげられます。

また、普通のレーシック手術の際に患者さんに合わせてレーシックでモノビジョン状態にする事もあります。

CK(Conductive Keratoplasty)とはアメリカのFDAという、日本で言うと厚生労働省に当たる機関が唯一老眼治療として承認している技術のことです。

ラジオ波で角膜の周辺部に同心円状に8箇所に照射していくことで、角膜の組織(コラーゲン)を収縮させ、角膜の山なりを急勾配にし、角膜の屈折率を強くすることで、近方視力を向上させ、老眼の矯正を行います。

CKを受けた人の感想として、「遠くの視力のクォリティーをある程度保ちつつ、老眼度数のアップに成功したことが良かった点ですね。」というのがありました。

★このサイトでよく検索されているキーワードです。
モノビジョン
Acri.Lisa、遠近両用眼内レンズ
京都京田辺、安淵眼科の人気


このCKという技術は、老眼の方にとっては大変魅力的な医療ではないかと思います。
何といっても、老眼になっても近くを見るのに苦労をしないですみますし、
老眼鏡がなくて途方にくれるといった不便さを解消することが可能な技術ですから。